今回は、三重県尾鷲市のご当地インスタントラーメンをいただいたので、作ってみようと思います。

長野県に住んでいると、三重県ってなかなか馴染みがないですよね。

伊勢神宮やナガシマスパーランド、くらいのイメージでしょうか(失礼)

尾鷲には一度行ったことがあるのですが、海と山に挟まれた漁村という感じで、個人的にはとても好きな街でした。

やはり、長野には海がないので、憧れはありますよね。

なんだか開放的な感じもするし。

まぁそんなことはどうでもよくて笑

作っていきましょう。

IMG_0815

パッケージはなかなか、個性的。

エビラーメンですかー。あまり馴染みがありません。

作り方は簡単で、沸騰したお湯で麺を茹で、そのままそこにスープを溶かすだけ。

IMG_0816

とりあえず、できあがりはこんな感じです。

エビのエキスがたくさん入っているようで、潮の香りが食欲をそそります。

ですが、このままでは味気ないので、簡単にトッピングを。


IMG_0817

完成

なかなか、美味しそうです。

味はというと・・・

塩ベースのスープに、海鮮の香りがマッチしていて、とてもうまいっ

あっさりしているんですが、味わい深くもある。

ちなみにこのラーメンは、尾鷲の会社「尾鷲物産」が開発したもののようです。

そして、同社直営の「おわせお魚いちば おとと」で販売されているようです。

実は、こちらの「おとと」ですが、尾鷲に行った際に寄ったことがあります。

中には食堂があったり、尾鷲のお魚たちがそれはもうたくさん売られていたりと、尾鷲に行ったら、マストで行くスポットだと思いますよ。

尾鷲は三重の南部、和歌山県に差し掛かるところにあるので、特に長野から行くには距離がありますが、とても良いところですので、ぜひ

★お店情報★
おわせお魚いちば おとと



スポンサードリンク